六本木のキャバクラ事情を知っておこう!

「キャバクラ嬢として働きたい!」と思う女性の中には、「何が何でも六本木で働きたい!」と考えている人も多いのでは?

確かに憧れますよね。
この街の夜のお店で働くことは一種のステータスですから、その気持ちもわかります。

ところで、六本木のキャバクラの特徴をご存知ですか?
キャバクラはエリアごとに特徴が少しずつ違ってくるんです。

六本木という街は、成功者が集まる街。
IT長者や芸能人やスポーツ選手などが集い、キャバクラやクラブなど夜のお店にも出入りします。

こういう人たちはたくさんお金を使ってくれますけど、その分、ある意味目が肥えていて、ある意味理想が高い。
つまり、とてもレベルの高いキャバ嬢を求めて六本木の夜の街に繰り出しているんです。

もう一つ、外国人客がとても多いという特徴もこの街は持ち合わせています。
六本木でキャバ嬢をしていると、本当に多くの外国人客と接することになるでしょう。
それだけにコミュニケーション能力も大切になってくることを覚えておいてください。

キャバ嬢はそもそもコミュニケーションを取るお仕事。
外国人客は日本語が話せない人も多いですから、その能力がより一層求められるんです。

六本木キャバクラの求人を探そう
評判のいいキャバクラで働くには

  六本木のキャバクラ求人を見てみよう!

六本木のキャバクラの特徴を知った上で、それでも「この街で働きたい!」と思うのであれば、早速キャバクラの求人をチェック!

早々に求人をチェックしておきたい理由は、よりこの街のキャバクラで働くメリットなどを知るためです。

「六本木 キャバクラ求人」で検索すれば、夜のお店の求人サイトが見つかるので、そこで各お店の求人をチェックし比較してみましょう。
求人を比べてみると、この街のキャバクラの時給の相場や、「キャバ嬢の雇用形態ってアルバイトが多いんだ」なんていう情報も知ることができます。

最近はアルバイトの他にも派遣などで働く人も多いですが、「六本木 キャバクラ求人」で検索をして、できるだけ多くの情報を集めていくと、雇用形態のあれこれについての知識も身につけていくことができます。

お店ごとの違いも見えてきますよ。
日曜日は休みのお店もちらほら見つけられますし、出勤時間もお店によって違うことにも気づくことができるでしょう。

こうやって六本木の夜のお店事情に詳しくなれば、「働きたい!」という気持ちも、より一層強くなるかもしれません。

何も知らないで飛び込むと失敗も多くなりますから、リスク回避のために情報を集めることは大切なことだと思っておきたいですね。

  働く前に知ってきたい六本木キャバクラの情報

知りたい!六本木キャバクラの給料
こんな癖はお客様を不快にさせる?克服しておきたいこと
自分に似合うドレスで魅力UP

  六本木のキャバクラで働くキャバ嬢にインタビュー

源氏名が人気に影響?自分にぴったりな名前をつけよう!

  源氏名を適当に決めない方がいい理由

六本木のキャバクラで働くことになると、とても多くのライバルと競争しなければならなくなります。
みんな仲良く楽しい雰囲気で働けるお店もないわけではありません。

でも、多くの収入を得るためには、他のキャバ嬢との競争に勝って、他のキャバ嬢よりもお客さんに気に入られなければならないんです。

そこで重要になってくるのが「源氏名」。
ニックネームや芸名のようなもので、そのお店でキャバクラ嬢として働く時だけ使う専用の名前がこれです。

本名で働いても別に問題ありません。
でも、今はフェイスブックやらツイッターやら、ちょっとした情報から身元が割れてしまうリスクが高まっている時代ですし、六本木のキャバクラのお客さんは比較的紳士な人が多いですけど、変な人に目をつけられて個人情報が漏れたら厄介なので、やっぱり源氏名は決めておいた方がいいでしょう。

この仕事中に使う名前を適当に決めてしまうと、スイッチの切り替えがうまくいかずに気合いが入りにくくなってしまったり、名前を大切にできずに飽きてしまったりなんていうデメリットが考えられます。

また、名前がいいと、それが人気につながることも少なくありません。
実際に、人気キャバ嬢に変な名前の女の子はほとんどいませんから。

しっかりと稼いで人気者になりたいなら、適当に決めるのはやめましょう。
思い入れを持つことができて、仕事に集中できるような名前を考えるようにしてください。

  大切なポイントを押さえながら名前を考えよう!

源氏名を考える時に押さえておきたいいくつかのポイントを挙げてみます。

まずは、呼びやすいこと
漢字を使うなら読みやすいことも大切です。
キラキラネームと呼ばれる名前を耳にすることはありませんか?
最近は本当に読みづらい名前の子供が増えてきましたよね。

キャバクラの世界では、ああいう源氏名は基本NG。
お客さんに負担をかけてしまうかもしれないからです。

覚えやすく、自分の雰囲気に合う名前であることも意識して考えてください。
例えば、小動物系の女の子が難しい漢字を使った名前では似合わないですし、綺麗系で大人の魅力溢れる女性の名前が平仮名で「のあ」だったりしたら、やっぱりちょっと…という感じがしませんか?

自分の雰囲気に合う名前を考えるのは難しいですけど、だからこそ、丁寧に決めたい源氏名。
六本木のキャバクラは高級店も多く、名前に一定の基準を設けているところも少なくありません。

そのルールには従いながら、でも、読みやすく覚えやすい、自分に合っていて他の人とも被っていない、こうしたポイントを押さえながら源氏名を考えていくようにしましょう!

  源氏名を考える時のポイントまとめ

・身元が割れてしまうリスクを避ける為に本名とはまったく違うものにしよう
・お客様が読めない漢字だと覚えてもらいづらいので読みやすい漢字を使おう
・お客様が呼びやすい名前にしよう
・自分の雰囲気に合う名前にしよう
・他の人と被らない名前にしよう